「データは新しい石油である」という言葉をおそらく耳にしたことがあるでしょう。今日、データはますます多くのビジネスに燃料を供給しており、個別化された顧客体験、自動化されたマーケティングメッセージ、科学に基づくインサイトはすべて、情報の質と量に依存しています。企業がデータを収集したがっているのは理解できることですが、立法者は個人のプライバシーと安全を守ることを重視しています。

データプライバシーの重要性は、個人の尊厳を保護し、デジタル相互作用における信頼を促進し、そしてますますデータ主導が進む世界における個人の基本的権利を守ることによって示されます。

GDPR(EU 一般データ保護規則)や CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)のようなデータプライバシー規制への準拠を目指す企業は、課題に直面することがよくあります。このような規制は、機密性の高い個人データを保護するために厳格なアクセス制御を求めてきますからね。

以下は、本記事の主なポイントです: 

  • データプライバシーは、個人の個人情報を不正アクセスから保護し、マイナンバーや財務記録、健康情報などの機密データの安全を確保する。
  • 企業がデータプライバシーを優先し、個人情報保護へのコミットメントを示すことで、信頼性と誠実さに対する評判が高まる。
  • GDPR(EU 一般データ保護規則)や CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)などのさまざまなデータ保護法や規制によって、組織は個人のデータプライバシー権を保護するための対策の実施が求められている。
  • データを扱う組織は、データの収集、使用、共有について確実に適切な同意を得ていないといけない。
  • データプライバシーは単なる保護にとどまらず、イノベーションを促進するものであり、個人が自分のデータが責任を持って取り扱われているという思える場合に、より積極的な情報を共有する可能性がある。

データプライバシーとその意味を理解することは、複雑な規制の中を進む企業にとって不可欠だけでなく、日々組織に個人情報を預けている個人にとっても非常に重要です。そこで本記事では、データプライバシーとは何か、またデータプライバシーを把握することが重要な理由について詳しく見ていきます。

目次

  • データプライバシーとは
  • データプライバシーの重要性
  • データプライバシー法とGDPR
  • データプライバシーとデータセキュリティ
  • データ侵害と機密データ
  • Q&A

はじめに

企業はユーザーに関するデータを急速に集めており、現在使われているデータの9割は、過去2年間に作られたものになります。

この進化は無駄ではありません。 企業は消費者についてのより深いインサイトを得て、価値を創造する新たな機会を開拓しています。また、誰でも検索すればより良い結果がもたらされ、ヘルスケアなどの重要な分野では、患者にとってより良い結果が実現されています。

ただ、データの価値について盛り上がる中で、データプライバシー法に関する話題も出ており、企業は、モバイルアプリや Web アプリのユーザーがいる複数の法域の規制に準拠しないといけないという課題に直面しています。

データプライバシーとは

「データプライバシー」とは、通常「個人を特定できる情報(PII)」や「個人健康情報(PHI)」とも呼ばれる重要な個人情報の取り扱いを指し、その情報には、社会保険番号や健康記録、銀行口座番号やクレジットカード番号などの財務データが含まれます。

また、ビジネスにおけるデータプライバシーは、従業員や顧客の個人情報だけではなく、企業の運営に役立つ情報にも関係しており、それには独自の研究や開発データ、財務情報などが含まれます。

データプライバシーの重要性

データプライバシーが重要であるのには以下のような理由が挙げられます:

  • 個人情報の保護:データプライバシーは、個人の個人情報を不正アクセスから保護し、それによってマイナンバーや財務記録、健康情報などの機密データの安全性が確保される。また、個人情報を管理することにより、個人情報の盗難や詐欺、その他の悪意のある行為のリスクの軽減につながる。
  • 信頼と信用: データプライバシーは、個人と組織の間の信頼を確立するために極めて重要である。企業がデータプライバシーを優先して個人情報保護へのコミットメントを示すことで、信頼性と誠実さに対する評判が高まり、その結果、顧客からの信頼が上がって、より強固な関係と長期的なロイヤルティにつながる。
  • 法規制の遵守:企業は、GDPR(EU 一般データ保護規則)や CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)など、さまざまなデータ保護法や規制によって、個人のデータプライバシー権を保護するための対策を実施することが求められており、このような規制を遵守することで、法的な影響や多額の罰金、評判の低下を回避することができる。
  • 倫理的データ慣行: データプライバシーの尊重は倫理的責任であり、データを扱う組織は、データの収集、使用、共有についての適切な同意が確実にないといけない。倫理的なデータ実務を遵守することで、企業は個人の権利を尊重し、業務の透明性を促進するというコミットメントが示される。
  • データ駆動型イノベーション:データプライバシーは保護にとどまらず、イノベーションの促進にもなる。例えば、個人は自分のデータが責任を持って取り扱われることがわかれば、より積極的に情報を共有する可能性あり、そのデータは、貴重なインサイトを導き出したり、パーソナライズされた体験を促進したり、さまざまな業界の研究開発を促進するのに使うことができる。
  • 個人の自律性の維持: データプライバシーで、個人は自分の個人情報をコントロールできるようになり、それによって、自分のデータがどのように収集、使用、共有されるかを決めることができる。個人の自律性が尊重されることで、データプライバシーは、個人情報が同意なしに悪用されたり誤用されたりしないことを保証する。

つまり、データプライバシーは、個人情報の保護、信頼の確立、規制の遵守、倫理的慣行の維持、イノベーションの推進、個人の自律性の維持のために非常に重要であり、データプライバシーを優先するというのは、安全で責任あるデータエコシステムを育成することによって、個人と組織の両方にとって有益になります。

個人データや機密情報を安全に保つことは最も重要です。財務データや医療情報、その他の消費者やユーザーの個人情報などが悪用されると、危険な状況を引き起こしかねませんし、個人情報へのアクセスコントロールが不十分だと、詐欺やなりすましの危険にさらされる可能性がありますからね。

さらに、政府レベルでのデータ侵害は、国全体のサイバーセキュリティが危険にさらされる可能性があり、社内でデータ侵害が発生した場合は、競合他社が自社の機密データにアクセスできるようになる可能性もあります。

そこでデータ保護法の出番となります。テクノロジーの進化やデジタルの状況の変化に伴い、データプライバシーは引き続き深刻な懸念事項となります。なので、個人情報の継続的な保護を確保するには、新たな脅威、新しい規制、ベストプラクティスについて常に最新情報を入手することが非常に重要なのです。

データプライバシー法と GDPR

GDPRは、EU(欧州連合)および EEA(欧州経済地域)におけるデータ保護および情報プライバシーに関する法律です。

GDPR は、EEA 域内に所在する個人(GDPRでは正式には「データ主体」という)の個人情報の処理に関する規制が含まれており、企業の所在地や規模、消費者の国籍や居住地に関係なく、すべての企業に適用されます。

ちなみに GDPR の不遵守は、最大2000万ユーロまたは年間総売上高の4%のいずれか大きい方の重い罰金につながる可能性があります。


また、CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)に似た法律が、過去24ヶ月の間に米国の一部の州で成立しており、バージニア州、コロラド州、ユタ州では、2023年に新しい消費者プライバシー法が施行されています。

EU では、デジタルプラットフォームを規制する画期的な新法が可決されました。デジタル市場法は、大企業による不公正な競争慣行や、消費者データの二次利用を防止することを目的としおり、デジタルサービス法は、オンラインサービスのプロバイダーに対し、当局との連絡窓口を設置することを義務付けています。それで、欧州で大規模なユーザー基盤(4500万人以上)を持つSNS 企業は、裁判所の命令を遵守して、コンテンツモデレーションの取り組みについて透明性を確保しないといけなくなります。

その他にも、世界における知っておくべき重要なデータプライバシー法が以下のようにあります:

  • 児童オンラインプライバシー保護法(COPPA): この米国連邦法によって、13歳未満の子供から個人情報を収集する際には、事前に必ず保護者の同意を得ないといけない。
  • 医療保険の携行性 と責任に関する法律(HIPAA): 様々な団体によって集められる医療情報のプライバシーを保護する連邦法。
  • EU 一般データ保護規則(GDPR): すでに触れたが、この欧州の規則では、情報収集のオプトアウトや情報削除を要求する個人の権利など、欧州における個人情報の収集と使用に関する基準が定められていることは把握しておくべきである。

データプライバシーとデータセキュリティ

データプライバシーとデータセキュリティはよく同じ意味で使われますが、概念は以下のように異なります:

  • データプライバシー: いつ、どのように個人データを収集して共有するかなどの機密データの適切な取り扱いを指し、倫理的で責任あるデータの利用に関するもの。
  • データセキュリティ: 不正アクセスや盗難、破損からのデータの保護に重点を置き、暗号化、パスワード管理、ネットワーク監視などのツールや慣行が含まれる。

悪意あるハッキングの脅威は、外部にも内部にも存在している可能性があり、ITチームは、アプリケーションやプラットフォーム全体のデータを保護するために、暗号化、トークン化、ハッシュ化など、さまざまな手段を用いるでしょう。

データ侵害と機密データ

データ侵害とは、意図的または非意図的に機密データが漏洩し、信頼性のない環境にさらされることであり、他にも一般的な用語として、「意図しない情報開示」や「情報流出」、「データ漏洩」、「データ流出」などと言われます。

データ侵害は、犯罪的ハッカー、政治活動家、外国政府による悪意ある攻撃から、コンピュータ機器やその他のデータ記憶媒体を廃棄する際の不注意な処理に至るまで、さまざまな方法と状況で発生する可能性があります。

大抵の管轄区域では、データ侵害を経験した組織に対し、データ侵害の影響を受けた人々に通知することを義務付ける「データ侵害通知法」が施行されており、データプライバシーの規制やデータ侵害の防止を目的とした法律のほんの一例として、GDPR、CCPA、グラムリーチブライリー法、HIPAA などが挙げられます。

データ侵害は、金銭的損失から風評被害まで、深刻な結果をもたらす可能性がありますが、強力なデータプライバシーとセキュリティの実践で、潜在的な侵害の抑止や、その影響を最小限に抑えることができます。

Integrate.io がデータプライバシー規制の遵守をお手伝いする方法

Integrate.ioは、可視化されたデータパイプラインを備えたクラウドベースの ETL(抽出、変換、格納)ソリューションで、幅広いソースとデスティネーション間で自動化されたデータフローが実現します。そしてそれによって、コンプライアンスのベストプラクティスを遵守しながら、データの変換、正規化、クリーニングを行うことができます。

また、Integrate.io では最高のサイバーセキュリティとデータ保護レベルを維持するために、すべての Web サイトとマイクロサービスで SSL/TLS 暗号化が使用されており、データを安全に保つために、すべてのセキュリティ証明書と暗号化アルゴリズムを定期的に検証しています。

システムへのアクセスを制限するためにファイアウォールが使用されており、各システムはシステムの機能に基づいて特定のファイアウォールセキュリティグループに属しています。なので Integrate.io のスタッフ以外は、ユーザー名とキー認証が必要な OS(オペレーティングシステム)にアクセスできません。データプライバシーを確保するための対策については、ぜひこちらをご覧ください。


Integrate.io がどのようにデータプライバシーとデータ管理のお役に立てるか、ご覧になりませんか。こちらから、Integrate.io のソリューションの14日間のトライアルをぜひご体験ください。

Q&A

Q. データプライバシーとは何ですか。

A. データ プライバシーとは、個人を特定できる情報 (PII) やマイナンバー、健康記録、財務データなどの個人健康情報(PHI)を含む個人情報の処理と保護を指し、それには、個人の個人情報と独自の調査などのビジネス運営データの両方が含まれます。

Q. なぜデータプライバシーが重要なのでしょうか。

A. データプライバシーは、個人情報の不正アクセスからの保護、個人と組織の間の信頼の確立、GDPR や CCPA のような法律へのコンプライアンスの確保、倫理的なデータ慣行の促進、信頼できるデータ共有を通じたイノベーションの促進、個人データに対する個人の自律性の維持のために極めて重要です。

Q. 主要なデータ保護法とは何ですか。

A. 主要なデータ保護法には、GDPR(EU 一般データ保護規則)、CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)、バージニア州、コロラド州、ユタ州のプライバシー法など、世界各地の同様の法律が含まれ、このような規制で、個人データの取り扱いについて厳格なアクセス制御と同意プロトコルが義務付られる。

Q. データプライバシーとデータセキュリティはどう違うのでしょうか?

A. データプライバシーは、機密データの倫理的かつ責任ある利用に重点を置き、いつ、どのように個人データの収集や共有ができるかを決定します。対するデータセキュリティは、暗号化やネットワーク監視などの対策を通じて、不正アクセスや盗難、破損からデータを保護することです。

Q. データ侵害とその影響は何ですか。

A. データ侵害とは、悪意のある攻撃や不注意な取り扱いによって、信頼できない環境に機密情報が流出することであり、経済的損失、風評被害、法的処罰につながる可能性があります。データ侵害のリスクと影響を最小限に抑えるためには、強力なデータプライバシーとセキュリティの実践が不可欠です。